汎用センサ基板

マスタ基板にセンサを乗せるとしても、
・機体ごとに構成が変わってしまう
・センサの数に制限がでる
などの問題が発生する。
以上の理由から、従来のセンサ基板をライントレースができるくらいのレスポンスが出るように改善できるかどうかをテストする。
 
改善点
SLA+Rが来てからAD変換を行うのではなく、常に変換を行い、その結果を記録しておくようにする。
AD変換ノイズ低減スリープモードをテストする
 
注:基板図は暫定版
ċ
Sensor.mb3
(43k)
Robo Kirarin,
2011/01/14 3:07
Comments