同志社京田辺祭クローバー祭

2010年10月30日、31日に開催されました同志社京田辺祭は大盛況のうちに終了いたしました!
ご来場いただいた方、ありがとうございました!  
 

 

 
今年のROBO+の催しもの



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、3つのコーナーがありました(クリックで各コーナーの詳しい紹介です)




 
 
小学生をメインのターゲットとして
「ミニ四駆工作教室」を開催しました!!
大盛況のうちに終了いたしました。 
今回ROBO+のメインは10年以上前に流行した「ミニ四駆」でした。
当時の子供たちはみんな、ミニ四駆に夢中でした。その子供たちは現在のROBO+メンバーの世代にあたります。
現在、ミニ四駆は「ミニ四駆pro」を主流に全国で大会が開かれており、根強い人気があります。

ただのおもちゃ・・・という方もいらっしゃるでしょうが、私たちROBO+はそうではないと思っています。
ミニ四駆はモーター、電池、金具を用いた回路構造を持ち、
かつ、モーターの回転を伝える歯車の組み合わせなど機械的構造を持っています。
これらのメカニカルな構造を持つミニ四駆は、子供たちへの「理系の教育」にとてもいいと思っています。
実際、ROBO+メンバーは自分の「ものづくりに関心を持ったキッカケ」の一つにミニ四駆を上げる人も少なくありません。
ミニ四駆が子供に与える影響はとても大きいのです。
今の子供たちにも私たちが学んだものを知ってほしい、という目的のもとに今回の同志社京田辺祭でとり上げることにしました。
企画は大盛況のうちに終了し、多くの子供達に「ものづくり」に興味を持ってもらえました。
当日配布した資料などについてはこちら


 レスキューロボット操作体験
2010年度8月7日に開催されました第10回レスキューロボットコンテストに出場したレスキューロボットの操作を皆さんに体験していただきたいと思います。
ROBO+のロボットは、同コンテストでアイデア賞を受賞しました!

当日はこれらのロボットを操作体験するブースを設置しました。
子供のみならず、保護者の方にも興味を持ってもらえました。
レスキューロボットコンテストについて詳しくはこちらからどうぞ。
 ポスター展示
クローバー祭当日、第一線で活躍しているロボットをポスター展示にて紹介していました。
そのポスターをこちらで月企画として順次更新していきますので是非ご覧ください。
サブページ (1): ミニ四駆教室
Comments