ものづくり教室 ~輝け! プラズマボール~


●ものづくり教室

2月23日,Monopは京田辺市と協力いただき,イベントを開催させて頂きました.
参加してくださったみなさん、ありがとうございます。
↑は京田辺市の広報誌に載せて頂いた記事です.

ものづくり教室 「輝け! プラズマボール」というタイトルでイベントを行いました。

電子回路は身の回りの多くの製品に使われています。
今回、その「電子回路」を作りました。
参加者のみなさんに作ってもらった電子回路は、プラズマボールが暗くなったら光る機能があります。
下の写真は試作品となります。

ところで、プラズマボールとは何なのか...
科学館などによく(?)上の写真のような、球体から光が出ているものが置いてあります。
ものづくり教室ではこれの小さいバージョンのものを今回のものづくり教室で使用します。

ものづくり教室を本格的に開始する前に、「プラズマとは何なのか」、「回路とは何なのか」などの説明を行いました。
プロジェクトメンバーがパワーポイントのアニメーション機能を使いながら分かりやすく教えています。(下の写真)


一通りの説明が終わったら、まず、はんだごての使い方の映像を見てもらいました。
みなさん、真剣に見入っていますね。(下の写真)

さて、はんだごての使い方が分かったところで、早速作っていきましょう!

初めてなのになかなか上手な子が多かったです。将来が楽しみですね^^
上の写真の左下にある茶色の紙は、基板をイメージしたものです。
そこに取り付ける電子部品を貼り付けておくことで、子供たちに分かりやすいよう工夫しました。

完成です!
全員完成してから、部屋を消灯しました。
暗くなった瞬間、一斉にプラズマボールが光りました。

完成したときはみんな笑顔。
主催者側としてもとてもうれしく思います。


●展示

ものづくり教室終了後、体験型の展示を行いました。
クローバー祭で好評だった、操作体験ロボットを改良したものです。
ルールは、「ペットボトルをごみ箱に入れよう!」でした。
操作がちょっと難しかったかもしれませんが、参加したみんなペットボトルを入れることができました。

よく飛ぶ紙飛行機を作っています。
手軽、安価でできるのに奥が深いです。

4速歩行ロボットです。

レスキューロボットコンテストで使用したロボットを見ながら、回路の話や雑談をしていました。

プラズマボール

上の動画は試作品によるものです。
 

<イベント詳細>
日程:2013年2月23日(土)14:00~16:00
場所:同志社大学 ローム記念館 2階オープンスペース
対象年齢:小学3年生~中学3年生
参加費:500円
参加人数:先着20名
内容:プラズマボールを暗くなったら光らせるための回路をつくります.
回路を作るときに,はんだごてを使用します.

<募集は終了致しました>
参加申し込みは以下のメールアドレスにお願いいたします. 
ハガキの送り先:〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学 ローム記念館事務室
メールの宛先:kirarin@robo-doshisha.org
受け付け締切日:2月14日(必着

ハガキまたはメールに次の内容を記入し,上の送り先までお願いいたします.
①参加者の氏名(ふりがな)、②学年、③連絡先、④電話番号、⑤保護者の氏名、⑥交通手段(許可証のお送り先)を記入して送ってください.
お車でお越しいただく場合は,同志社大学の駐車場の許可証(車両入構届)をお送りいたしますので、許可証の送り先も記入してください.

参加者多数の場合には抽選(先着順)を行います。抽選後、215日に連絡させて頂きます.



Comments