Home‎ > ‎

2016年度 ROBOX


2016年度ROBOXの概要

今年度のROBOXでの目標は、mbedを用いてC++での本格的なロボット制御学ぶためのロボット教材キットを開発することです。また「けいはんなジュニアロボットクラブ」との連携により、このキットを試験的に用いたロボット教室を運営することでフィードバックを得、1年をかけてこの教材を完成させます。この教材には独自開発したロボットや紙面教材、また指導者向けの情報も含まれます。

対象となるのは、けいはんなジュニアロボットクラブ内の中級コースでGUIベースのソフトでのロボット制御を身につけた生徒の中から、更に詳しく学んでみたいという生徒です。作成したキットはジュニロボにおいて来年度以降も上級コースで使用して頂ける予定です。

作成するロボットは高い拡張性を持つため用途に応じてモジュールを制作することで機能を追加することができます。その1つの例としてRaspberry Piを用いた画像処理ユニットの開発も行います。これは自動運転などに代表される近年の画像処理技術の需要の高まりに応えたものです。



生徒の方

教室で使用したスライドや、サンプルプログラムなどのダウンロードページはこちらです。

サブページ (1): ダウンロード
Comments